Height Supplements

SUB MENU

ヘルニア

上肢や下肢のしびれ・痛みを発症した場合、椎間板ヘルニアが疑われます。そのような場合には、整形外科へ受診する事になり、問診、触診、画像検査が一般的に行われることとなります。

詳しく読む

健康のために

健康を保つためには、毎日の便通を見直すようにしましょう。健康な体である証として、快便であるということがひとつ挙げられます。便秘解消を行なうことによって、健康面にも美容面にも多大な影響があります。

詳しく読む

肝機能障害

「肝機能障害」は、さまざまなケースで現れます。肝炎や肝硬変など肝臓に何らかの疾患が潜んでいる場合には、当然のことながらこうした異常が血液検査などで指摘されます。

詳しく読む

椎間板ヘルニア

エクオールサプリメントはエストロゲンと似た働きをしてくれるからおすすめ。毎日簡単に飲むことができるから活用しませんか?

椎間板ヘルニアの手術方法と今後の動向

椎間板ヘルニアは、突出した椎間板によって神経を圧迫し、上肢あるいは下肢のしびれや痛みをきたすものです。これらの症状改善のための手術には、様々な手技が存在しており、古くから行われてきたLOVE法がオーソドックスな手技となっています。これは、背部を大きく切開し、直視下によって突出したヘルニアや、圧迫している骨の一部を切除するものとなります。現在では、医療機器の発達によって、内視鏡を用いたMED法やレーザーを用いたPLDD法などが存在します。LOVE法に比べ切開の大きさや、手術時間、入院期間などの患者負担が著しく改善されている特徴があります。今後の椎間板ヘルニアの手術の動向は、医療機器の進化と共に、更に侵襲や負担軽減が考慮され、かつ治療成績を求める手技が普及されていく予想がされます。

進化し続ける手技の問題点

手術によって症状改善されたほとんどの方が、普段変わらず日常生活を過ごせるレベルに回復します。しかし、ヘルニアの怖い所は、「再発の可能性がある」ところになります。突発の事故から生活環境によっても再発する可能性がある為、いくら最新の手術を受けたとしても再発リスクゼロには至りません。いかなる手術であっても、手術に踏み切る前や手術後には、再発に向けた注意が必要となります。 様々な手術があることは先ほど述べましたが、全ての整形外科医師がヘルニアの手術を行えるものではありません。また、手術が行える医師であっても、特殊な医療機器を取り扱うMED法やPLDD法は限られた医師でしか行う事は出来ません。進化し続けるヘルニアの手技にはこの様な技術面の問題点も存在するのです。